住まいの顔、外観

外壁の塗り替え時期は?

屋根を含めた外壁の塗り替えを考えた場合に、家を建ててから何年くらいがいいのでしょうか。
塗り替えの目安としては10年ごとがいいようです。
最初の塗り替え時期は、家ができてから10年後くらいです。
その後に10年ごとに塗り替えをするのが目安といえます。

10年も経過すれば経年劣化により塗料は退色し、表面にはよごれなどもところどころでてくるはずです。
しかし、最も重要なのは見た目だけでなく、外壁そのものの耐久性が落ちてきていることです。
雨や風、そして日差しに常にさらされていて、見えないところで湿気などから守っていますが、その耐久性は何十年も持続するものではありません。
外壁の耐久性は、どんなに新しくても約10年が有効期限と言い換えることもできます。

そのまま放置すると

外壁の理想的な塗り替え時期は、おおよそ10年サイクルが目安ですが、もしそのままにしてしまった場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

外壁を塗り替える理由は耐久性を高めることですが、それは家全体の耐久性にも影響があります。
外壁はいつくかの層によってできていますが、外壁が傷むことによって雨水や湿気を防ぐ力が弱まることになるのです。
また、耐久性が弱まれば外壁にひび割れという症状が出てきます。
ひび割れという症状は同時に壁面の反りという症状もありますので注意が必要です。
こうした症状により壁面の中の層にまで影響がおよぶと、壁面の腐食まで進行してしまう可能性があるので要注意です。
壁面の腐食は家の骨格となる木材に及ぶこともあり、塗り替えで外壁の耐久性を高めることは家の寿命を延ばすことでもあるのです。